akikoのブログ
共働き普通OLがグランジュテを目指してもがくブログ
ホットクック PR

ホットクックでめんゆで(麺茹で)【噴きこぼれず・ほったらかし】

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ホットクックの「めんをゆでる」機能は、その名の通りスパゲティやうどん、そうめんなどめんを茹でる調理モードです。

【噴きこぼれない】【仕上りも良い】【5人前くらいの麺量も可】とメリットが多く、我が家ではよく使用しています。

akiko

デメリットは、お湯を沸かすまでに結構時間がかかること!

沸かす水量によりますが、15~25分くらいかかります。

ここは、組み合わせ技で電気ケトルでお湯を沸かして、そのお湯を使うと時短できます。

akiko

簡単に出来る事を組み合わせてしまいましょう!

※我が家は2.4LのKN-HW24Eを愛用しています。

材料

スパゲティ(太さ1.6mmのもの)…1~4人分(80~400g)
水…スパゲティ200gまでなら1L、200~400gなら2L
※塩は入れた方がコシが出ますが、私は気にならない程度なので入れていません。

最近よく見かける早ゆでタイプは、標準ゆで時間のタイプと仕上りに大差なく感じるので、気に入っています。

akiko

ゆで時間半分以下は嬉しい!

※正統な作り方は公式レシピをご参照下さい。

作り方

  1. まぜ技ユニットを本体にセットする。
  2. 内鍋に水(電気ケトル等で沸かしておくと時短になる)を入れ、本体にセットする。
  3. メニューボタンを押す。
    手動で作る → めんをゆでる → (パッケージ記載のスパゲティのゆで時間) → 調理を開始する → スタート
  4. お知らせ音が鳴ったら、ふたを開け、内鍋にスパゲティを半分に折って広げて入れる。
  5. 軽く混ぜてスパゲティがお湯に浸かったら、ふたを閉めてスタートする。

※ふたを開ける際は、とりけしキーは押さないように注意する

フタを開ける(とりけしキー押さない)
乾麺を半分に折って入れる

完成度

茹で上がり

麺同士のくっつきもなく、もちもちとした仕上りに満足です。

鍋が噴きこぼれる心配もなく、かき混ぜも自動で行ってくれるので「ほったらかし」時間は少し長いですがほったらかすこと前提で調理すれば問題ないと感じました。

暑い夏場も火の前に立たなくて済みますし、おすすめです!

子どもが好きなスパゲティレシピ

ツナと塩昆布の和風パスタ(2人分)

材料

ツナ油漬け 1缶

塩昆布 大さじ3

バター 10g

しょうゆ 小さじ2

茹でたパスタ 2人分

ボウルで全て混ぜ合わせるだけ!

ミートソーススパゲティ

ペンネ、フジッリ、シェルなど様々な形状の「めんゆで」も同様に出来ます。

akiko

ホットクックで作る手作りミートソース、美味しいですよ!

ホットクックで作るたっぷりミートソース!加熱延長20分【子どもと食べる】 ホットクックで作る子ども達が大好きなミートソース!野菜がたくさん入って、子どもも好んで食べ、おもてなし料理にも使いやすい万能レシピです...