akikoのブログ
共働き普通OLがグランジュテを目指してもがくブログ
ホットクックレシピ PR

ホットクックできんぴら【子どもの好物】

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ホットクックで作るきんぴらは簡単で美味しくて、毎週欠かさず作っています。

子ども達の好物のひとつでもあり、お弁当のおかずにもなり、食物繊維もたっぷり摂れるので重宝しています。

野菜を千切りにすることだけが手間ですが、後はほったらかしで、混ぜ合わせながら炒め煮をホットクックがしてくれるので、美味しいきんぴらに仕上がります。

akiko

ほったらかしできることが本当に楽!

それではいってみましょう!

※我が家は2.4LのKN-HW24Eを愛用しています。

きんぴらの材料(約4人分)

ごぼう 1本
にんじん 1本
砂糖 大さじ1
みりん 大さじ2
しょうゆ 大さじ2
酒 大さじ2
ごま油 大さじ1/2

きんぴらの作り方

  1. ごぼうとにんじんはピーラーで皮を剥き、千切りにする。
    ※ごぼうはすぐに加熱するので、あく抜き不要です。
    ※ごぼうは皮を軽くこそぐだけで良いのは分かっているのですが、色々気になってしまうので剥いています。
  2. 内鍋に全ての材料を入れる。
  3. ホットクックのメニューを選ぶ。 
    メニューを選ぶ → メニュー番号で探す → 015(きんぴら) → 調理を開始する → スタート(約35分)
  4. 加熱が終わったら、内鍋を取り出して全体をざっくり混ぜ、粗熱を取りながら味を染み込ませる。

※正統な材料・作り方は公式レシピをご参照ください。 

↑加熱前
↑調理ボタンを押す きんぴら(No.015)
↑加熱後
↑全体をざっくり混ぜ、味を染み込ませる

きんぴらの完成度

加熱後すぐよりも冷ましながら味を染み込ませると、より美味しいです。

加熱時間が約35分かかるので、平日起床後すぐに取りかかることが多い一品です。

野菜を千切りにすることだけが手間ですが、後はほったらかしで美味しい炒め煮のきんぴらに仕上がります。

一般的なきんぴらより少し柔らかい印象で、フライパンで作るよりもホットクックで作るきんぴらの方が子ども達も食べやすいようで、意外にもおかわりの要望が多い好物のひとつになっています!

お弁当の一品にも丁度良く、繰り返し作り続けています。

akiko

最後にすりごまを加えても、美味しいですよ♪

きんぴらの他にも、毎朝ホットクックで作るレシピ5つをまとめています。

こちらからどうぞ。

ホットクックで毎朝作るレシピ5つ ホットクックで作れるものはたくさんあって迷いますよね。 1年間で400回以上使ってきた私が「毎朝ホットクックで作っているもの」を...