akikoのブログ
共働き普通OLがグランジュテを目指してもがくブログ
ヘルシオレシピ PR

ヘルシオでまかせて焼く贅沢気分のモンティクリスト(ハム・チーズ入りフレンチトースト)

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは、4歳6歳の子ども達とわあわあ言いながら、風のように過ぎていく平日を送っているワーママakikoです。

ヘルシオやホットクックを使っていかに美味しく手間抜き調理ができるかを真剣に考えている毎日です。

今回はヘルシオ「まかせて調理」で作る「贅沢気分のモンティクリスト」です。

モンティクリストはクロックムッシュ(ハムとチーズを挟んだパンを焼き上げたもの)をフレンチトーストにした、カナダ発祥のフレンチトーストです。

akiko

卵も高いけど…時には贅沢気分を味わいたい!

それではいってみましょう!

※我が家はウォーターオーブン:AX-XA20を愛用しています。

材料(約4人分)

6枚切り食パン 1袋

卵 3個

牛乳 150cc

ハム 6枚

チーズ 6枚

はちみつ お好みで

作り方

下準備

・水タンクに水を入れる。(水位1以上)

  1. 角皿にオーブンシートを敷き、その上で材料を混ぜる。卵を割り入れ、少量の牛乳で溶きほぐしてから残りの牛乳を全て入れて混ぜ合わせるとスムーズです。
  2. ①に食パンを並べ、両面に卵液をしみ込ませるために裏返す。
  3. 半量のパン(3枚)にハムとチーズを重ねたら、何ものせていないもう半量のパン(3枚)をのせて、中央に寄せておく。
  4. ヘルシオ上段に角皿を入れ、調理ボタンを押す。
    まかせて調理 → 焼く → 仕上り調節【弱め】
  5. 盛り付けたら、お好みではちみつをかける。

パンの両面に卵液がしみ込ませたら、具材をのせていきます。

焼くの仕上り【弱め】を設定
加熱後
akiko

焼きムラは、お皿に盛り付けるとあまり気にならないですよ!

気になるようであれば中央のパンを取り出してから、両端のパンの位置調整をしてから加熱を追加してください。

完成度

とろりと溶けたチーズと、カリっと焼けたパンの食感がとても美味しいです。

はちみつをかけると更に贅沢気分になります。

最後に甘みの調整がはちみつで出来るので、フレンチトースト液は「砂糖なし」でだいじょうぶかと思います。

角皿に食パンを3つ横に並べて焼くと、中央がよく焼けて両端は控えめの焼き加減になります。

「焼き」の仕上がり調節を弱めにしないと、かなり焦げるので注意して【弱め】設定にしてくださいね!

半分にカットする時も、オーブンシートごと持ち上げてまな板にのせると楽ちんです。

角皿+オーブンシートの上で完結するので、お手軽なモンティクリストです。

akiko

休日の朝食やブランチに、ゆったり贅沢気分で食べたい!