akikoのブログ
共働き普通OLがグランジュテを目指してもがくブログ
ヘルシオレシピ PR

ヘルシオで作る簡単ジャーマンポテト(ペペロンチーノ風味)

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは、4歳6歳の子ども達とわあわあ言いながら、風のように過ぎていく平日を送っているワーママakikoです。

ヘルシオやホットクックを使っていかに美味しく手間抜き調理ができるかを真剣に考えている毎日です。

今回はヘルシオで作るジャーマンポテト(ペペロンチーノ風味)です。

akiko

市販のパスタソースを使って簡単に作ったよ!

この前のはじゃがいもがシャリシャリでしたよ

akiko

ごめんね!じゃがいもの厚さ・加熱調整でクリアしました!

それではいってみましょう!

※我が家はウォーターオーブン:AX-XA20を愛用しています。

材料

じゃがいも 4~5個(約250~300g)

ベーコン 1パック(約30g)

S&Bペペロンチーノソース(まぜるだけのスパゲッティソース) 1人前

※材料は自由に調整可能ですが、総重量は1kgまで

作り方

下準備

・水タンクに水を入れる。(水位1以上)

  1. じゃがいもは約1cmの薄切り、ベーコンは短冊切りにする。
  2. 耐熱容器にじゃがいもを広げて入れ、ペペロンチーノソースを全体にかけてからベーコンをのせる。
  3. ②を角皿にのせて、ヘルシオ上段に入れて調理ボタンを押す。
    まかせて調理→炒める→スタート【仕上がり調節:強め
  4. 加熱が終わったら、全体を混ぜ合わせてトッピングも加えたら完成!
加熱前
炒める【強め】
加熱後
混ぜてトッピングもふりかける

完成度

ポイントはじゃがいもの切り方です。

火が通りにくいじゃがいもは、厚みがあると加熱後に固さが残ります。

約1cm幅の薄切りにし、仕上り調節は強めにします。

最後にふりかける「ガーリック・輪切り唐辛子・パセリのトッピング」は、かなりピリッとするので子ども用は取り分けておいて、かけなければOKです。

子ども用は取り分けてトッピング無し

耐熱容器を使わない場合は、オーブンシートを敷いて広げます。

愛用しているiwakiの耐熱ガラス容器はオーブンで焼いたり、冷めたらフタをして冷蔵庫へ入れることができます。

透明ガラスなので中身が分かりやすく、フタをしたまま冷凍や電子レンジも可能です。

夕食のおかずに、お弁当の一品にと活躍するジャーマンポテトの味の決め手は「S&Bペペロンチーノソース」です。

パスタソースとしても、チャーハンの味付けとしても、今回のジャーマンポテトの味付けにも使いやすくお気に入りです。

akiko

スーパーで見つけたら、ぜひお試しを!