akikoのブログ
共働き普通OLがグランジュテを目指してもがくブログ
ヘルシオレシピ PR

ヘルシオで鬼まんじゅう【まかせて調理:蒸す】

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは、5歳7歳の子ども達とわあわあ言いながら、風のように過ぎていく平日を送っているワーママakikoです。

akiko

ヘルシオやホットクックを使っていかに美味しく手間抜き調理ができるかを真剣に考えている毎日です

今回はヘルシオのまかせて調理「蒸す・ゆでる」で鬼まんじゅうを作ります。

「鬼まんじゅう」は、戦中、戦後の食糧難の時代に、比較的手軽に手に入ったさつまいもと小麦粉を使ってつくられ、米の代わりの主食として広まった。角切りにしたさつまいもの角がゴツゴツ見える様が、鬼のツノや金棒を想起させたことからこの名がついたといわれる。

鬼まんじゅう 愛知県 | うちの郷土料理:農林水産省 (maff.go.jp)
akiko

農水省で紹介されているレシピを参考にアレンジしました!

それではいってみましょう!

※我が家はウォーターオーブン:AX-XA20を愛用しています。

材料(8~10個分)

さつまいも 1個(200~300g)
薄力粉 100g
砂糖 60g
水 大さじ2

作り方

下準備
・水タンクに水を入れる(水位2)

  1. さつまいもは約1cmの角切りにし、水にさらしてアクを抜く。
  2. さつまいもをキッチンペーパーで拭き水気を取ったら、砂糖をまぶして混ぜ、20分程置いておく。(砂糖が溶け、芋から水分が出てシロップのようになり芋にも味がしみ込んでいく)
  3. ②に水を加えてから小麦粉を加えて、ダマがなくなるまでよく混ぜる。
  4. 調理網の上にクッキングシートを広げ、スプーンで③をこんもりするように並べる。
  5. 角皿をヘルシオ上段に入れ、調理ボタンを押す。
    まかせて調理→蒸す・ゆでる→スタート
お好みで皮を剥いてもOK
砂糖を芋にからめる
20分程置くと水分が出てくる
水を加えてから粉を加える
よく混ぜる
こんもり並べる
上段に入れる
加熱後

完成度

砂糖がさつまいもに染みていてじんわり甘く、生地はモチモチとしており、食べ応えがあります。

akiko

クセになる食感!小さめに作ると子どもも食べきりやすいですよ

食べきれない分は、ラップをして冷蔵・冷凍保存ができます。

あたため直す時は、鬼まんじゅうにラップをして、軽くレンチンすると美味しく食べられます。

その他、ヘルシオを使ったさつまいもレシピはこちらからどうぞ!

ヘルシオで干し芋【約3時間ほったらかし】ドライフルーツも同時調理 こんにちは、4歳6歳の子ども達とわあわあ言いながら、風のように過ぎていく平日を送っているワーママakikoです。 アイコン名を入...