akikoのブログ
共働き普通OLがグランジュテを目指してもがくブログ
ホットクック PR

ホットクックで白花豆の甘煮【さんまの骨までやわらか煮モード使用】

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは、4歳6歳の子ども達とわあわあ言いながら、風のように過ぎていく平日を送っているワーママakikoです。

akiko

ヘルシオやホットクックを使っていかに美味しく手間抜き調理ができるかを真剣に考えている毎日です

今回はホットクックで作る「白花豆の甘煮」です。

白花豆はひとつぶが大きく、ほっくりした食感で鉄分や食物繊維が豊富です。

金時豆の甘煮をよく作るのですが、白花豆も同じようにやわらかく煮ることができました。

akiko

ほっとく時間は長いけれど、手間はほとんどなし!

ヘルシオホットクックレシピをお探しの方の参考になれば幸いです。

※我が家はホットクック:2.4LのKN-HW24Eを愛用しています。内鍋をフッ素加工のものに買い換えました。

材料(作りやすい分量)

白花豆(乾燥) 200g

重曹 小さじ¼

【A】
砂糖 50g
しょうゆ 大さじ1
塩 小さじ¼
水 600mL

作り方

  1. 内鍋にA(白花豆と重曹以外)を入れ、ホットクック本体にセットする。
  2. ホットクックのメニューを選ぶ。 
    手動で作る→スープを作る→まぜない→2分→調理を開始する→スタート
  3. 加熱が終わったら重曹を加えて混ぜて溶かす。
  4. 白花豆はザルで水洗いし、③に加えて【予約ボタンを使って】調理ボタンを押す。
    メニューを選ぶ→メニュー番号で探す→さんまの骨までやわらか煮(No.016)→予約→約6時間後にセット→調理を開始する→スタート
  5. 加熱が終わったら粗熱をとり、煮汁に浸したまま冷蔵庫で一晩寝かせて味をしみこませる。
材料Aを加熱する
白花豆を洗う
白花豆を内鍋に加える
さんまの骨までやわらか煮(No.016)で6時間後に予約
加熱終了直後
煮汁に浸したまま冷蔵庫で一晩保存

完成度

形もあまり崩れず、皮もやわらかくほっくり煮あがりました。

白花豆は鍋で調理する際には、一晩~2日ほど吸水後に茹でこぼしをしますが、そういったことをスキップして、ホットクックで予約調理をすることで簡単に煮豆にすることができました。

akiko

箸休めとしての一品や、お弁当に入れても合います!

重曹は豆の皮を柔らかくするために必要

煮豆を作る時に重曹を使用するのは「アルカリ性」にして豆を柔らかく煮るためです。

ベーキングパウダーは「中性」なので同じ効果は得られないそうです。

掃除用ではなく、必ず「食品用」の重曹を選んでくださいね!

保存方法

冷凍する時は煮汁をしっかり切る

冷蔵庫で保存して2~3日くらいで食べきります。

煮汁に煮豆がしっかりと浸る状態で保存しないと豆にシワが入ってしまいます。

冷凍する際には逆に煮豆の汁気をしっかり切ってから冷凍する方が長持ちします。

ホットクックで作る様々な豆レシピ

ホットクックを使って様々な豆を簡単に調理することができます。

今回の白花豆と同じ方法で「金時豆の甘煮」も作れます。

ホットクックで金時豆の甘煮【時間かかるけれど簡単!甘さ控えめ】 金時豆の甘煮は、子ども達も大好きでお弁当のデザートにしても嬉しい一品です。 食物繊維、ポリフェノール、カリウムも豊富な金時豆なの...

お正月のおせち料理として黒豆もホットクックで上手に煮ることができます。

ホットクックで黒豆【お正月のおせち料理】 ホットクックでお正月のおせち料理の一品、黒豆を作りました。 黒豆と栗きんとんといえばおせち料理の中で子ども達の人気ナンバー1・2...

つぶあんも簡単!おはぎも喜ばれます。

ホットクック【つぶあん】でお餅消費、手作りおはぎも簡単にできます akiko 「あんこ」だけをご飯茶碗にこんもり盛り付けて食べるくらい大好きで、特につぶあんが大好きです! 小さい頃は母親が田舎...

こちらは大豆(蒸し・水煮)を使った五目豆レシピです。我が家の子ども達に人気!

ホットクックで五目豆風【子どもと食べる】 ホットクックは煮物が得意です。! 根菜類が美味しくたくさん食べられる五目豆を、子ども達が食べやすい具材で作りました。 一般...