akikoのブログ
共働き普通OLがグランジュテを目指してもがくブログ
ホットクックレシピ PR

ホットクックで鶏ひき肉のクリームパスタ【ホワイトソースをアレンジ】

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは、5歳7歳の子ども達とわあわあ言いながら、風のように過ぎていく平日を送っているワーママakikoです。

akiko

ヘルシオやホットクックを使っていかに美味しく手間抜き調理ができるかを真剣に考えている毎日です

今回はホットクックで「鶏ひき肉のクリームパスタ」を作ります。

牛乳と小麦粉、コンソメで調味したホワイトソースに、鶏ひき肉のそぼろを混ぜて茹でたパスタにあえるだけです。

akiko

ソースのベタベタを防ぐポイントは小麦粉の量と水分量!

それではいってみましょう!

※我が家はホットクック:2.4LのKN-HW24Eを愛用しています。内鍋だけフッ素加工のものに買い替えました。

フッ素加工の内鍋はステンレス製のものと比べて食材のくっつき問題が解決されており、とても使いやすいので、旧型を使用されている場合、内鍋だけの買換えもおすすめです!

材料(約4~5人前)

【鶏ひき肉のそぼろ】
鶏ひき肉 200g
しょうが(すりおろし) 4g程度
みりん 大さじ2
しょうゆ 大さじ2
水 大さじ2
砂糖 小さじ2

【クリームソース】
牛乳 400ml
生クリーム 100ml
小麦粉 大さじ1.5
コンソメ 小さじ1

お好みでマッシュルームやサラダほうれん草等、バター 適量

パスタ(食べる直前に茹でる) 4~5人分量

作り方

下準備
・ホットクック本体に混ぜ技ユニットをセットする。

【鶏ひき肉のそぼろ】

  1. ホットクックの内鍋に【鶏ひき肉のそぼろ】の材料を加え、泡立て器で混ぜてひき肉をほぐしながら、調味料・水をなじませる。
  2. ホットクック本体に内鍋をセットし、調理ボタンを押す。
    手動で作る→炒める→2分(沸騰からの時間)→スタート
  3. 加熱が終わったら、固まりが残っていたら泡立て器でかき混ぜてほぐす。

【クリームソース】

  1. ホットクック内鍋に【クリームソース】の材料を入れて、混ぜ合わせる。
  2. ホットクック本体にセットし、調理ボタンを押す。
    メニューを選ぶ → メニュー番号で探す → No.077(ホワイトソース) → 調理を開始する → スタート

加熱が終わったら、肉そぼろと茹でたパスタにあえて完成!

肉そぼろを加えたところ
akiko

お好みでバターで炒めたマッシュルームとほうれん草を加えても◎

完成度

肉そぼろやマッシュルームが風味のアクセントになった美味しいクリームパスタです。

ホワイトソースには小麦粉が入っているため、冷めると固まってくるものです。

今回はパスタとして食べる時にベタベタに固まらないようにしたかったので、小麦粉少なめ・水分多めのゆるゆる状態のホワイトソースを作ります。

ホワイトソースだけだと物足りないので、肉そぼろを加えています。

akiko

肉そぼろもホットクックで作れて簡単!

「ホットクックで作る肉そぼろが固まる問題」についてアプローチした記事はこちらよりどうぞ!

ホットクックで肉そぼろが固まる問題を解決したい!パラパラにするコツは【加熱前が8割!】 こんにちは、5歳7歳の子ども達とわあわあ言いながら、風のように過ぎていく平日を送っているワーママakikoです。 akiko ヘ...
akiko

肉そぼろの代わりにベーコンにしても手軽で◎マッシュルームが無ければしめじでもOK!

今回は生パスタを使いましたが、伸びにくいフジッリやペンネにすると固まりにくくて更に安心です。

akiko

おもてなし料理にも喜ばれるので、リピートしているレシピです

その他、ホットクックを使ったパスタレシピはこちらからどうぞ!

ホットクックでペペロンチーノ【乾麺も入れるだけ】在宅勤務ランチにもおすすめ こんにちは、4歳6歳の子ども達とわあわあ言いながら、風のように過ぎていく平日を送っているワーママakikoです。 akiko ヘ...
ホットクックでたらこパスタ【材料入れるだけ・子どもと食べる】 こんにちは、3歳5歳の子ども達とわあわあ言いながら、風のように過ぎていく平日を送っているワーママakikoです。 akiko ヘ...
ホットクックで手間抜きパスタ(野菜プラス) もうほとんど何もしたくないけれど、家族に文句を言わせずに野菜も摂れる一品を…という時、結構ありますよね。 ホットクックの「野菜ス...
ホットクックで作る簡単トマトパスタ【子どもと食べる】ツナ缶・サバ缶で美味しい ホットクックに乾燥状態のパスタを入れて作る簡単トマトパスタレシピです。 今からミートソースを作る時間は無いけれど、子ども達が喜ぶ...